美のワンポイントコラム

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | こやまクリニック 武川先生の美のワンポイント

更新:2017.11.23

第1回---こやまクリニック 武川先生の美のワンポイント

本格的な冬の訪れに、夏のダメージが気になっていませんか?相談で一番多いのがお顔の「シミ」です。

「シミ」とひと口に言っても、たくさんの種類があるのはご存知でしょうか。今回は、シミの種類とその治療方法についてご説明します。

①老人性色素斑

紫外線によるシミ、シミの中ではもっともよく見られるタイプです。境界線がはっきりした茶褐色のシミです。平らで丸く、大きさは様々です。加齢によって発生します。

②脂漏性角化症

粘土のように盛り上がったシミです。触るといぼのようにざらざらしています。色は肌色~黒色まで様々です。

③雀卵斑(そばかす)

一般的にはそばかすと呼ばれるシミのひとつです。顔の鼻から頬のまわりを中心に、小さい薄茶色の斑点が散らばったように出るものです。早い人は幼少期より発生します。

④肝斑

20歳頃から現れる両頬、額、口の周りなどに左右対称に出来るシミです。淡褐色でベタッとしています。

⑤後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

両頬に出来る淡褐色のシミ。18歳頃から出来ます。下眼瞼、こめかみ、両鼻翼に出来ることもあります。

このようにたくさんの種類のシミがあり、治療法も変わってきます。ですので、ひとつひとつのシミを的確に診断し、適切な治療を行う事が重要です。例としては、

①外用薬→トレチノイン(お肌のターンオーバー促進)・ハイドロキノン(メラニンの生成を抑える)などによる治療を行います。

②内服薬→ビタミンの抗酸化作用により、新たなシミの発生を抑えます。また、肝斑にはトラネキサム酸の内服が効果的です。

③レーザー治療→様々なレーザーがありますが、シミの種類によって使うレーザーが異なります。

④光治療(フォトフェイシャル)→光をあてて、シミを薄くする治療法で、ダウンタイムのないのが特徴です。

夏に出来てしまったシミの治療をするには今は最適な時期です。

こやまクリニック形成外科・美容センター長
武川 力

過去の「美のワンポイントコラム」情報

第1回

シミについて

更新:2017.11.23

第2回

シワについて

更新:2018.1.23

第3回

脱毛について

更新:2018.3.23

第4回

AGA(エージーエー)について

更新:2018.5.23

第5回

二重まぶた形成術について

更新:2018.7.23

第6回

まぶたのお悩みについて

更新:2018.9.23