チャイルド・ケモ・ハウス

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | チャイルドケモハウス

更新:2020.3.23

第10回---チャイルドケモハウス

【エビデンス】

少しややこしい話ですが、これがわかると、治療方針の意志決定の時や、今回の新型コロナウイルスのような騒ぎの時に、少し冷静になれると思います。

まず、「エビデンス」とは一般的には直訳の「根拠」という意味で使用されているようですが、医学の世界では、「科学的根拠」の事です。

そして、エビデンスにはレベルがあります。通常1~6まであり、1が一番高く、6が一番低いです。エビデンスレベル1は、正確なデータや実験から導き出された見解です。簡単に言うと、誰が何と言おうと正しい事です。エビデンスレベル6は、偉い先生が言っている見解です。

簡単に言うと、ワイドショーにでている偉い先生の個人的見解です。

医療の世界では、昔は偉い先生が「私はこう思う」と言えば、それに従っていたのですが、それではダメだということになり、しっかりと科学的根拠を元に医療をしよう!となりました。そこででてきたのが、「エビデンス」です。

つまり、エビデンスを語るときに、有るとか無いとか言うのではなく、例えば「私は、エビデンスレベル5の情報をもとに、学校は休校にしない方がいいと思います」と言うのが正確です。

エビデンスは、水戸黄門の印籠のように、誰もがひれ伏すものではなく、あくまで判断をするときに使う一つの道具です。

そして、高いエビデンスレベルを証明するには、たくさんのデータ(数)と時間(年単位)が必要です。つまり、現時点では、新型コロナウイルスについては、エビデンスレベルが低い情報しかありません。

その限られたエビデンスレベルの低い情報をもとに、様々な判断がなされています。その情報をもとに、どのように考えるのかが、大切です。きちんとした情報源では、「この情報は○月○日時点のもので、今後更新される可能性があります」と記載があります。情報は時間が経てばアップデートされるのは当然ですが、このような状況の時は、正しい情報を欲しいあまりに、その事を忘れがちです。何事においても100%正しい情報は、ほとんどありません。

だから、思考を停止させずに、できるだけ落ち着きましょう。

「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンに活動をしている

チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木重範

〒650-0046
神戸市中央区港島中町8丁目5-3
事務局運営時間:平日10:00~18:00
TEL:078-303-5315
FAX:078-303-5325
E-mail:info@kemohouse.jp

過去の「チャイルド・ケモ・ハウス」情報

第1回

親孝行・親不孝

更新:2018.9.23

第2回

親から子へ贈る言葉

更新:2018.11.23

第3回

卒業だから、なんなんだ?

更新:2019.1.23

第4回

どんな大人になってほしい?

更新:2019.3.23

第5回

ナンバーワンとオンリーワン 

更新:2019.5.23

第6回

多様性 

更新:2019.7.23

第7回

健康の定義  

更新:2019.9.23

第8回

健康の定義  

更新:2019.11.23

第9回

ほん・わか  

更新:2020.1.23

第10回

エビデンス  

更新:2020.3.23

第11回

アスリートファースト

更新:2020.5.23

第12回

環境問題を忘れないように

更新:2020.7.23

第13回

空間の力

更新:2020.9.23