チャイルド・ケモ・ハウス

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | チャイルドケモハウス

更新:2019.11.23

第8回---チャイルドケモハウス

【毎日がクリスマス】

私は無宗教ですが、クリスマスはケーキを食べたり、プレゼントを渡したり、普通に楽しんでいます。

クリスマスは、みなさまにとってどんな日ですか?子どもたちにとって、どんな日でしょうか?

この日だけは、好きなものをプレゼントしてほしい。
この日だけは、美味しいものが食べたい。
この日だけは、優しくしてほしい。
この日だけは、悲しい事や、辛いことが無い日であってほしい。
この日だけは、卑しい気持ちを持たず、人に優しくありたい。
この日だけは、笑顔でいたい。
この日だけは、病気のことを忘れさせてほしい。
この日だけは、お父さん、お母さんに優しくしてほしい。
この日だけは、お父さん、お母さんが仲良くしてほしい。
この日だけは、お父さん、お母さんに笑っていてほしい。

親は子どもの幸せを願いますが、子どもも親の幸せを願っていると感じることが多いです。クリスマスは、「この日だけは特別な日であってほしい」と希望を持てる日だと思います。

「人を愛し、思いやる心があれば、毎日がクリスマスになる。一日そういられるなら、ずっと続ければいい」アメリカの牧師で作家でもあるヘンリー・ヴァン・ダイクのクリスマスの詩の一節です。一日一日を大切にして、今ある幸せを感じながら過ごすことができたら、毎日がクリスマスのような特別な日になると思います。「でも一人では続けようがない」と詩は続きます。

みなさまにとって、良いクリスマスでありますように。

「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンに活動をしている

チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木重範

〒650-0046
神戸市中央区港島中町8丁目5-3
事務局運営時間:平日10:00~18:00
TEL:078-303-5315
FAX:078-303-5325
E-mail:info@kemohouse.jp

過去の「チャイルド・ケモ・ハウス」情報

第1回

親孝行・親不孝

更新:2018.9.23

第2回

親から子へ贈る言葉

更新:2018.11.23

第3回

卒業だから、なんなんだ?

更新:2019.1.23

第4回

どんな大人になってほしい?

更新:2019.3.23

第5回

ナンバーワンとオンリーワン 

更新:2019.5.23

第6回

多様性 

更新:2019.7.23

第7回

健康の定義  

更新:2019.9.23

第8回

健康の定義  

更新:2019.11.23

第9回

ほん・わか  

更新:2020.1.23

第10回

エビデンス  

更新:2020.3.23

第11回

アスリートファースト

更新:2020.5.23

第12回

環境問題を忘れないように

更新:2020.7.23

第13回

空間の力

更新:2020.9.23