チャイルド・ケモ・ハウス

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | チャイルドケモハウス

更新:2018.11.23

第2回---チャイルドケモハウス

【親から子へ贈る言葉】

私が通った小学校の校長先生の座右の銘は、「棒」と「槍」を持て、でした。

「棒」は辛抱の「棒」。

「槍」は思いやりの「槍」でした。

校長先生が、小学6年生に好きな言葉を書いてきなさいと宿題を出しました。

その言葉を校長先生が色紙に書いて、メッセージを添えてくれるのです。

私は「決断」という言葉を選びました。

正確には、私が選んだのではなく、私の父親が選びました。

詳細は覚えていませんが、この宿題を父親と話し合い「決断」という言葉にしようということになりました。

一人の人間が成長していく過程で、親、友人、教師、社会、病気、事件など様々な影響を受けます。その中で、親が子どもに教えてやれることは、実はそれほど多くないかもしれません。教える時には、子どもには意味がわからないかもしれません。でも絶対に伝えたいことが、あると思います。

もちろん、小学6年生の私に「決断」の本当の大切さ、困難さが、わかるわけがありません。父親がどのような気持ちで「決断」という言葉を選んだかはわかりませんが、とにかく子どもには伝えたかったのでしょう。

医師として働く時、NPOの活動をする時に、この「決断」という言葉は重くのしかかってきます。

ただ30年前に「決断」という言葉を贈ってもらっているので、「決断すること」に真正面から向き合うことができています。

子どもたちに何を伝えたらいいのか、伝えたいのか。

自分の人生で学んできたことを、自信を持って子どもたちに伝えることができるだろうか?

3年前、私の息子が小学校を卒業するにあたり、「決断」という言葉を贈りました。

「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンに活動をしている

チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木重範

〒650-0046
神戸市中央区港島中町8丁目5-3
事務局運営時間:平日10:00~18:00
TEL:078-303-5315
FAX:078-303-5325
E-mail:info@kemohouse.jp

過去の「チャイルド・ケモ・ハウス」情報

第1回

親孝行・親不孝

更新:2018.9.23

第2回

親から子へ贈る言葉

更新:2018.11.23

第3回

卒業だから、なんなんだ?

更新:2019.1.23

第4回

どんな大人になってほしい?

更新:2019.3.23

第5回

ナンバーワンとオンリーワン 

更新:2019.5.23

第6回

多様性 

更新:2019.7.23

第7回

健康の定義  

更新:2019.9.23

第8回

健康の定義  

更新:2019.11.23

第9回

ほん・わか  

更新:2020.1.23

第10回

エビデンス  

更新:2020.3.23

第11回

アスリートファースト

更新:2020.5.23

第12回

環境問題を忘れないように

更新:2020.7.23

第13回

空間の力

更新:2020.9.23