チャイルド・ケモ・ハウス

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | チャイルドケモハウス

更新:2020.9.23

第13回---チャイルドケモハウス

【空間の力】

チャイルド・ケモ・ハウスは、小児がんの子どもと家族のための施設です。この施設を作るにあたって、世界的にも有名な手塚貴晴・由比夫妻に建築をお願いしました。理由としては、病院建築に詳しいことと、子どもが喜ぶ空間をよく知っておられるからです。手塚夫妻が建築されたふじ幼稚園はOECDで最優秀賞を受賞されました。この幼稚園は、なんと屋根の上を走り回ることができる楕円形のドーナツ形をしています。子どもたちは、太陽の光を浴びながら、元気に屋根の上を走り回っています。

この話を聞いたとき、「子どもの本来の姿はこれだ!」と思いました。つまり、子どもは太陽の光と広い空間があれば、意味もなく走るんです。

白血病の治療で骨髄移植治療後、2年くらいした8歳前後の男の子がいました。外来でその子のお母さんが、「最近、無駄に動くようになってきました。体力が戻ってきた感じで嬉しいです」とおっしゃったことがありました。

公園や道端で遊んでいる子どもたちを、そういった視点で一度見てください。意味もなく友達を追いかけまわしたり、叫びながら走ったりしていませんか?今でもおにごっこは、幼稚園児・小学生、時には中学生にも人気の遊びです。

チャイルド・ケモ・ハウスのプレイルームには、大きな天窓があり、太陽の光が差し込みます。特に何か特別なおもちゃがあるわけではありません。広いスペースと、天窓から太陽の光が差し込むだけです。幼少児の子どもは、このスペースに来ると、まず走ろうとします。

その姿を見て、お父さん、お母さんはとても喜ばれます。「病気の子ども」ではなく「普通の子ども」であることを実感できる瞬間だと思います。

建築家は、空間の力によって、人の行動を変え、気持ちも変える仕事なんですね。

「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンに活動をしている

チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木重範

〒650-0046
神戸市中央区港島中町8丁目5-3
事務局運営時間:平日10:00~18:00
TEL:078-303-5315
FAX:078-303-5325
E-mail:info@kemohouse.jp

過去の「チャイルド・ケモ・ハウス」情報

第1回

親孝行・親不孝

更新:2018.9.23

第2回

親から子へ贈る言葉

更新:2018.11.23

第3回

卒業だから、なんなんだ?

更新:2019.1.23

第4回

どんな大人になってほしい?

更新:2019.3.23

第5回

ナンバーワンとオンリーワン 

更新:2019.5.23

第6回

多様性 

更新:2019.7.23

第7回

健康の定義  

更新:2019.9.23

第8回

健康の定義  

更新:2019.11.23

第9回

ほん・わか  

更新:2020.1.23

第10回

エビデンス  

更新:2020.3.23

第11回

アスリートファースト

更新:2020.5.23

第12回

環境問題を忘れないように

更新:2020.7.23

第13回

空間の力

更新:2020.9.23