チャイルド・ケモ・ハウス

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | チャイルドケモハウス

更新:2019.7.23

第6回---チャイルドケモハウス

【多様性】

令和の時代のキーワードの一つは多様性らしいです。

障がいを持った幼稚園児のA君がいました。話したり、字を書いたりすることは苦手だけれど、誰よりも高くブロックを積むことができました。みんなはそんなA君を素直にすごいと思っていました。小学校に進級する時、大人たちから、A君はできない事が多いから、助けてあげてねと言われます。子どもたちは、A君は、ブロックが上手だし、できることが沢山あるのに、なぜそんな事を言うのだろうと、思います。

小学生の国語の教科書で、金子みすゞさんの「わたしと小鳥とすずと」を習います。「みんなちがってみんないい」という有名なフレーズです。

他人の良いところ、できるところを認めるということは、幼稚園児でもできます。そして小学生でその事の大切さを教えています。

なぜ大人になると、その事がこんなに難しい世の中になってしまうのでしょうか?

何もかも完璧を求める傾向にあるのではないでしょうか。以前は運動ができるが勉強はできない、というのはあたり前でした。でも最近はスポーツ選手も賢いコメントをする事も多いですし、世界で活躍し語学が堪能な選手も多いです。顔も良く、ファッションセンスも良いです。

何もかもを求められると、特に子どもは閉塞感を感じて、子どもらしさが無くなり、周囲の目を気にし過ぎてしまうと思います。

『立ちションベンもできんようになるがな』と国民栄誉賞を辞退する世界の盗塁王福本豊さんのような人も、子どもたちに伝えていくことが大切だと思います。

人は、良い人と悪い人がいるのではなく、得意なことと苦手なことがある、ということを忘れなければ、〇か×で人を評価するのではなく、多様な価値観を尊重することができると思います。

「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンに活動をしている

チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木重範

〒650-0046
神戸市中央区港島中町8丁目5-3
事務局運営時間:平日10:00~18:00
TEL:078-303-5315
FAX:078-303-5325
E-mail:info@kemohouse.jp

過去の「チャイルド・ケモ・ハウス」情報

第1回

親孝行・親不孝

更新:2018.9.23

第2回

親から子へ贈る言葉

更新:2018.11.23

第3回

卒業だから、なんなんだ?

更新:2019.1.23

第4回

どんな大人になってほしい?

更新:2019.3.23

第5回

ナンバーワンとオンリーワン 

更新:2019.5.23

第6回

多様性 

更新:2019.7.23

第7回

健康の定義  

更新:2019.9.23

第8回

健康の定義  

更新:2019.11.23

第9回

ほん・わか  

更新:2020.1.23

第10回

エビデンス  

更新:2020.3.23

第11回

アスリートファースト

更新:2020.5.23