チャイルド・ケモ・ハウス

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | チャイルドケモハウス

更新:2021.3.23

第16回---チャイルドケモハウス

【がんと遺伝】

私は中学2年生の時に小児がんを経験し、今は子どもがいます。遺伝する病気ではないと分かっていても、子どもが体調不良を訴える度に不安になります。自分が治療をしていた年頃になると特に。

小児がんや若者のがんの多くは遺伝しません。その事を十分に理解をしている医師である私でも不安になります。

また、子どもが小児がんになった後に、その親御さんが次の出産を考えるときにも悩まれます。このような現実があるにも関わらず、「がんが子どもに遺伝したらどうするんだ」と無知な心無いコメントをされる方がいます。なぜ、このようなコメントをされるのでしょうか?

「贅沢なことを言うな」と思われている方もいるようです。または、「生まれてくる子どものことを心配しているのだ」と主張される方もいるようです。

繰り返しになりますが、小児がんと若者のがんの多くは遺伝しません。がんは、誰もがなる可能性のある病気です。

このようなコメントをする方の心の奥には、「がんは遺伝の病気だから、自分には関係の無いことなんだ」と思い込みたいと言う気持ちがあるのではないでしょうか?または、何かしらの正義感からでしょうか?このようなコメントは正義感とは真逆のものです。

少しでも多くの方が、正しい知識を知り、心を痛めるがん経験者とその関係者が減ることを切に望みます。

「がんになっても笑顔で育つ」をスローガンに活動をしている

チャイルド・ケモ・クリニック院長 楠木重範

〒650-0046
神戸市中央区港島中町8丁目5-3
事務局運営時間:平日10:00~18:00
TEL:078-303-5315
FAX:078-303-5325
E-mail:info@kemohouse.jp

過去の「チャイルド・ケモ・ハウス」情報

第1回

親孝行・親不孝

更新:2018.9.23

第2回

親から子へ贈る言葉

更新:2018.11.23

第3回

卒業だから、なんなんだ?

更新:2019.1.23

第4回

どんな大人になってほしい?

更新:2019.3.23

第5回

ナンバーワンとオンリーワン 

更新:2019.5.23

第6回

多様性 

更新:2019.7.23

第7回

健康の定義  

更新:2019.9.23

第8回

健康の定義  

更新:2019.11.23

第9回

ほん・わか  

更新:2020.1.23

第10回

エビデンス  

更新:2020.3.23

第11回

アスリートファースト

更新:2020.5.23

第12回

環境問題を忘れないように

更新:2020.7.23

第13回

空間の力

更新:2020.9.23

第14回

不安との向き合い方

更新:2020.11.23

第15回

慰労金ドネーション

更新:2021.1.23

第16回

がんと遺伝

更新:2021.3.23

第17回

適切な医療を受けるために

更新:2021.5.23