補聴器のReの聴こえのコラム

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 聴こえのコラム

更新:2022.5.23

第15回---聴こえのコラム

補聴器はどうして高いの?

これまで、聴こえと脳の関係、補聴器の早期装用の有効性などについて、さまざまな角度からお伝えをして参りました。ところが、いざ一歩踏み出そうとするとどうしても価格の問題が…という方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は補聴器の価格について、相場と価格の内訳について解説します。

先ずは相場から。左図のとおり、国内で購入された補聴器価格の平均は、両耳で20~40万円(Japan Trak2018データを引用)で全体の約半数です。あくまで平均値ですが、まずこの金額をどのようにお感じでしょうか?

次に補聴器価格の内訳についてです。こちらは大きく分けて二つの要素があります。補聴器本体の価格と、継続して適正にご使用いただくための専門の技能者によるケアサポート料(技術料)です。最新の補聴器にはAI技術が導入されているものもあり、相当なハイテク機器であるのは確かですが、技能者による適正な調整ができてはじめてその性能は活かされます。また、補聴器の耐用年数と言われる約5年間、聴こえが変化することもありますので、都度技能者によるケアサポートは継続されます。このような費用が全て含まれているのが現状の補聴器価格ということになります。 これらを総合して、改めて右記の金額をどのようにお感じでしょうか?

真の価値が分かると、価格に対する考え方も変わると思います。聴こえで何かしらご不便をお感じの場合は、まずは一度体験されてみてはいかがでしょうか?

補聴器のReグループ株式会社Re ■芦屋店 ■篠山店 ■神戸店 ■豊中店
【営業時間】 9:00?18:00(日祝休)
【e-mail】 wada@hokobo.jp

補聴器サロン 芦屋
芦屋市業平町5-2 芦屋ハウス4F
TEL:0797-78-6233

補聴器工房 神戸
神戸市長田区神楽町6丁目3-15
日進ビル1F TEL:078-643-6833

過去の「補聴器のReの聴こえのコラム」情報

第1回

はじめはほんの少しの違和感

更新:2019.11.23

第5回

話し方で聴こえは変わる? 

更新:2020.9.23

第6回

補聴器はどうして高価なの?

更新:2020.11.23

第7回

聴こえを妨げる意外な敵

更新:2021.1.23

第8回

補聴器の「参観日」

更新:2021.3.23

第9回

補聴器の「参観日」

更新:2021.5.23

第10回

今どきの補聴器ってどんなもの?

更新:2021.7.23

第12回

難聴と認知症について

更新:2021.11.23

第14回

日本と海外の補聴器事情について

更新:2022.3.23

第15回

補聴器はどうして高いの?

更新:2022.5.23