補聴器のReの聴こえのコラム

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 聴こえのコラム

更新:2020.1.23

第2回---聴こえのコラム

前回、「聞」と「聴」の違いにつ いて触れましたが、言葉を「聴 く」ということについてもう少し考えてみましょう。

単に聴力(音を感じる感度)が下がっただけで あれば、不足した音を補聴器等で補充してあげ ることで、問題はすべて解決するはずです。

ところが、多くの方が苦労されているのは、別 に原因があるから、と考えるのが自然です。

具体的に見ていきましょう。

【聞き間違い 】

言葉を正しく聴きとる力が衰えますと、聞き 違い、或いは声は聴こえても内容が理解できな い、ということが起こります。

語音明瞭度測定、という方法で、現状を数値で ある程度把握することが出来ます。

【早口が聴こえづらい 】

最近は早口の話についていけない、以前はそ んなことはなかったのに…。

そういう方も、早口についていけなくなる何 らかの変化(衰え)が起き、脳の処理スピードが追い付かなくなった、と考えられます。

その他にも、騒がしい中での聴こえづらさ(周 波数等の選別)や、話の内容を忘れてしまう(短期記憶の低下)、といったことも大きな要因として考えられます。

これらは脳のはたらきの問題であり、補聴器 を活用して聴力を正しく補正することにとどま らず、脳の働きそのものを活性させるリハビリトレーニングが必要です。

補聴器による正しい聴力補正と、トレーニングを組み合わせることで、聴こえの改善が期待できます。

次回はReで取り組む補聴器の3ヶ月試聴と トレーニングについて解説します。

補聴器のReグループ株式会社Re ■芦屋店 ■篠山店 ■神戸店 ■豊中店
【営業時間】 9:00?18:00(日祝休)
【e-mail】 wada@hokobo.jp

補聴器サロン 芦屋
芦屋市業平町5-2 芦屋ハウス4F
TEL:0797-78-6233

補聴器工房 神戸
神戸市長田区神楽町6丁目3-15
日進ビル1F TEL:078-643-6833

過去の「補聴器のReの聴こえのコラム」情報

第1回

はじめはほんの少しの違和感

更新:2019.11.23

第5回

話し方で聴こえは変わる? 

更新:2020.9.23