補聴器のReの聴こえのコラム

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 聴こえのコラム

更新:2022.5.23

第16回---聴こえのコラム

補聴器はどうして高いの?その2

先日、あるお客様が比較的高額な補聴器に買替えをされました。前号で、国内の補聴器購入価格は平均10?20万円/1台(全体の約半数「Japan Trak2018調査報告」より引用)とお伝えしましたが、その倍以上でした。数ヶ月経ち、おっしゃった一言は、「お金は只取らんなあ(高額なものには価値がある)」でした。

ただ今回お伝えしたいのはこちらがメインではありません。同じく前号で、補聴器価格の内訳「補聴器本体価格+聴こえに合わせた調整料+継続して使用するためのケアサポート料」を解説致しましたが、一見「高額」と言われる補聴器は、実は価格が見える化されている、ということをお伝えしたいのです。

その前に、補聴器の類似品の集音器について。集音器はそもそも「医療機器」ではありませんので、厚労省が定める効果、安全性等の品質管理基準を満たしていない点と、安易な広告(敢えてそう書かせていただきます)が目につき、補聴器と同等のものと誤認識して購入する方がおられないか、と懸念しております。

一方、通販等で数万円で販売されているOTC補聴器(医師の処方を受けない補聴器)は、厚労省から医療機器の承認を受けていますので、集音器とは異なります。ただ、器種の選択、耳あなの形状と聴力レベルに合った耳栓の選択、聴こえに合わせた適正な調整、以後の聴力変化への適切な対応、取り扱いなど、補聴効果を得るために必要なこれらのことを、ご自身で一からする必要があります。サポート体制がある会社であれば、別途追加料金を支払う等して都度オペレーターからサポートを受ける、といったこともありますが、このように購入時には見えない「価格」がある点を知っていただきたいと思います。

一見高額な「補聴器」は、調整料、ケアサポート料を含んだ金額ですので、故障修理などを除き、追加のサービス料は発生しません。購入時に全体の金額が見える化されている、ともいえます。これらのことをあらかじめ知った上で、皆様が最適な選択をされることを願っています。

補聴器のReグループ株式会社Re ■芦屋店 ■篠山店 ■神戸店 ■豊中店
【営業時間】 9:00?18:00(日祝休)
【e-mail】 wada@hokobo.jp

補聴器サロン 芦屋
芦屋市業平町5-2 芦屋ハウス4F
TEL:0797-78-6233

補聴器工房 神戸
神戸市長田区神楽町6丁目3-15
日進ビル1F TEL:078-643-6833

過去の「補聴器のReの聴こえのコラム」情報

第1回

はじめはほんの少しの違和感

更新:2019.11.23

第5回

話し方で聴こえは変わる? 

更新:2020.9.23

第6回

補聴器はどうして高価なの?

更新:2020.11.23

第7回

聴こえを妨げる意外な敵

更新:2021.1.23

第8回

補聴器の「参観日」

更新:2021.3.23

第9回

補聴器の「参観日」

更新:2021.5.23

第10回

今どきの補聴器ってどんなもの?

更新:2021.7.23

第12回

難聴と認知症について

更新:2021.11.23

第14回

日本と海外の補聴器事情について

更新:2022.3.23

第15回

補聴器はどうして高いの?

更新:2022.5.23

第16回

補聴器はどうして高いの?その2

更新:2022.7.23

第17回

補聴器は電池式?充電式?

更新:2022.9.23

第19回

聴こえの正しい情報を多くの方に

更新:2023.1.23

第22回

仏像作って魂入れず!

更新:2023.7.23

第23回

仏像作って魂入れず!(続編)

更新:2023.9.23

第26回

補聴器が嫌われるワケ①

更新:2024.3.23

第27回

補聴器が嫌われるワケ②

更新:2024.5.23