ぽちTOPICS

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | ぽちトピックス

更新:2021.1.23

第23回---ぽちトピックス

Pochitto(ぽちっト)神戸 | どうぶつ科学コミュニケーターとは
Qなぜこの職業を選んだのですか?
A幼少期から絵を描くのが好きだったので、この職業を選びました。小学4年生では将来の夢は画家と書いて、大人になっても絵を描くと決めてました。母子家庭で育って母親がお店をやっていたので、お留守番をする機会が多くスケッチブックとクレヨンを渡されていました。それに絵を描いてお店の従業員のお姉さんや保育園の先生などに見せて「絵がうまいねー」と褒めてもらうのが嬉しくて毎日たくさん描いていました。小学生になると同級生のリクエストでアニメやまんがのキャラクターなどを模写したり、自由帳にまんがを連載してクラスに回したりしてました。みんなが喜んでくれるので嬉しくて益々描いていました。もうこの頃からリクエストをもらって絵を描く。やってる事は今と一緒です。笑。
中学生になると同級生のリクエストはもちろん「廊下を走らない」「整理整頓」などの校内ポスターや各種教材のイラスト、修学旅行の思い出などの挿し絵などを描いて、もう完全に仕事です。宿題やテスト勉強よりポスターや教材イラストを描く方に燃えていたので成績は散々でした。中学を卒業する頃になると絵画コンクールや同級生、先生のリクエストに応えて絵を必ず上手く描かなくてはいけないというのがプレッシャーになっていました。
そこで高校生になったら絶対に絵が描けることは秘密にしようと決めました。実際に高校では音楽を選択していました。ここからは絵の暗黒時代です。暗黒時代は大学卒業まで続きます。
高校時代はひたすらこっそり家で絵を描いてました。紙やダンボールで人形を作ったり、ポスターカラーで人物を描いたり。部活もせず勉強もせず、なんとなくだらだら高校3年生になりました。最終進路を決めないといけない2学期に、こともあろうか授業をサボり遊んでいたのがバレて停学か毎朝6時からの校内掃除1週間!!校内掃除を選び無事終えた最終日とうとう校長先生と担任の先生に進路発表です。「美大に行きます!!」しーん。何を言ってるんだ君は?校長室のあの時の空気感。それもそうです美術の授業も受けず美術部にも入らず9月も中頃ですから。
ここからは「???」というような出来事の連続です!!! 中学時代の美術の先生に偶然に再会して「山崎君進路どうするの?」と聞かれ、「はい美大に行きます!!」
「どこのアトリエに通ってるの?」
「アトリエ?」
「えーアトリエに通ってないの?」
「そら受からんで!すぐに紹介するからそこに行きなさい!!」
そうなんです。美大に行くには高校2年生ぐらいからアトリエに通うんだそうです。そこからアトリエ通いが始まりました。授業が厳しくて土日の朝の10時から夜の10時まで描きっぱなし。片道2時間半。宿題山もり!!!! 初めてアトリエの生徒さんたちのデッサンを見た時の衝撃。「うわー美大を目指す人はめっちゃうまい!これは絶対に受からん!!」
そこから推薦入試の12月まで描いて描いて、入試前の1週間は風邪を引きましたと学校を休んで、さらに描きまくって。そしてまさかの奇跡の合格!!
せっかく受かった美大も短期間の勉強で入学したのでありがたみを感じず、高校時代と同じくまたまただらだら過ごし、気が付けば4回生。卒業後の人生最大の選択の時に。そこではじめて真剣に将来を考えました。自分は何がしたかったのか?やっぱり絵が好きだ。それは小学生の時の思いでした。調べるとイラストレーターという絵を描く職業がある。もうこれしかないと思いました!!
大学を卒業して就職せずにアルバイトをしながら絵を描き続けました。コンクールに応募したり、東京の出版社に売り込みに行ったりポストカードを売り歩いたり。
結局、高校と大学時代の7年間のだらだら生活を取り戻すかのように、同じ年月を掛けてイラストレーターに辿り着きました。
やっぱり人生は楽したらその分、後からきっちり帳尻が合うようになってるなあと思ったりして。笑。
結局、この職業を選んだのは小学生の時の絵を描くのが好き!これに尽きると思います!!!
Qどのような活動を行っていますか?
Aイラストレーターの仕事としては絵本を作ったり、広告のイラストを描いたり、企業のキャラクターを作ったりしています。
それとは別に、2008年から小学校への出張授業を10年以上行っています。
内容としては、こどもたちの「発想力を鍛えよう」を目標に、2コマまんがを使って絵を上手く描くのではなく、面白い事を考えよう!とこども達と一緒に楽しみながら作品作りを行ってます。
ぽちっトで募集してる2コマまんがと同じようにオチを考えるのですが、授業では始めの1コマ目も自分たちで考えて1つの物語りをつくります。物語りには正解がないのでこどもたちが自由に発表できます。
2020年からは六甲バター株式会社のご協力も頂いて「Qちゃんプロジェクト」と称して神戸市内の小学校5校への授業も行いました。今後も継続予定です。
発想力は物事を考える出発点として、とても重要だと考えてるので、今後もこどもたちと楽しみながら出張授業を継続して行きたいと思っています。
Q読者に向けて一言
Athe rocket gold starのイラストを見て、少しでも楽しい気持ちになってもらえれば嬉しいです。あとぽちっトの2コマまんがどしどしご応募くださーい!! 楽しい作品をお待ちしてます!!!!
Pochitto(ぽちっト)神戸 | ぽちTOPICS

Pochitto(ぽちっト)神戸 | ぽちTOPICS

Pochitto(ぽちっト)神戸 | ぽちTOPICS

過去の「ぽちTOPICS」情報

第2回

しあわせの村

更新:2017.5.23

第5回

若王山 無動寺

更新:2017.11.23

第6回

補聴器のReグループ

更新:2018.1.23

第7回

株式会社merchu

更新:2018.3.23

第8回

神戸市立須磨海浜水族園

更新:2018.5.23

第9回

淡路島海月館グループ

更新:2018.7.23

第10回

神戸ファッション美術館

更新:2018.9.23

第11回

有馬グランドホテル

更新:2018.11.23

第12回

菊正宗酒造記念館

更新:

第13回

生田神社

更新:2019.1.23

第14回

早駒運輸株式会社(FANTASY)

更新:2019.5.23

第15回

神戸市立王子動物園

更新:2019.7.23

第16回

白鶴酒造資料館

更新:2019.9.23

第17回

神戸みなと温泉 蓮

更新:2019.11.23

第18回

神戸どうぶつ王国

更新:2020.1.23

第19回

兵庫県立美術館

更新:2020.3.23

第20回

有馬グランドホテル

更新:2020.7.23

第21回

淡路島海月館グループ

更新:2020.9.23

第23回

The rocket gold star/山崎 秀昭

更新:2021.1.23