わたしの常識はあなたの非常識

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | わたしの常識はあなたの非常識

更新:2022.3.23

第24回---わたしの常識はあなたの非常識

【 デフリンピックとは? 】

今年2月の中国での冬季オリンピック、3月の冬季パラリンピックはどの選手も素晴らしい演技で、感動しながらテレビを見ていました。

5月には、ブラジルで第24回夏季デフリンピックが開幕されます。デフリンピックとは「ろう者(Deaf)+オリンピック(Olympics)」からつくられた言葉で、オリンピックと同じように4年ごとに開催される聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会です。ろう者(Deaf)は、まだまだ社会的に少数派、つまり身近な存在ではないために、オリンピックやパラリンピックに比べるとデフリンピックの認知度はまだまだ低いです。このコラムを読まれている方々もデフリンピックの存在を知っている方は少ないのではないでしょうか。

前回の二〇一七年のデフリンピック(開催国トルコ)に出場し、今回のブラジル大会にも団体競技で出場予定の方に話を聞く機会がありました。耳が聞こえない分、試合中チームメイトとの意思疎通をはかるために、目での合図(アイコンタクト)がとても大切だと話されていました。また、オリンピックやパラリンピックとは違って、各企業からの協賛金はほとんどなく、自己負担額が大きいということも、初めて知りました(※参照)。

テレビ放映はほとんどないとは思いますが、当コラムをご覧になっている皆様には5月にブラジル大会で活躍するろう者(聴覚障害者)の選手もいるのだということを知っていただけたらと思います。

※練習や試合にかかる費用は、手話通訳費から遠征費まで、あらゆる費用を選手自身が負担している。負担する費用の中で最も金額が大きいのは、遠征費および合宿費である。(デフリンピック選手候補の競技環境と意識に関するアンケート調査報告書・平成21年6月筑波技術大学 障害者高等教育研究支援センター研究代表者 中村有紀の24ページ。尚、このアンケートにはデフリンピック候補選手百五十一人のアンケート回答内容が掲載されており、今でもインターネットで検索すると出てきます。)

次回は「ただのおじいちゃんになるの?」に続きます。

神戸市北区(神戸電鉄西鈴蘭台駅周辺)にある手話ができる TKGB社会保険労務士事務所 
代表 山本 敏彦
TEL 078(779)2259
FAX 078(201)1658

過去の「わたしの常識はあなたの非常識」情報

第1回

生まれてきてはいけない子

更新:2018.5.23

第2回

シャワーで死ぬ

更新:2018.7.23

第3回

あなたは約束を守れないの?

更新:2018.9.23

第4回

おまわりさんは嘘つきなの?

更新:2018.11.23

第5回

だますの?騙されるの?

更新:2019.1.23

第6回

何故あなたは怒っているの?

更新:2019.3.23

第7回

あなたは小銭が好きなの?

更新:2019.5.23

第9回

ろう者だから肺が弱いの?

更新:2019.9.23

第10回

募金の場所はどこが良いの?

更新:2019.11.23

第11回

令和って何なの?

更新:2020.1.23

第12回

ろう者だから犬食いするの?

更新:2020.3.23

第13回

正月が一番おもしろくない

更新:2020.5.23

第14回

家や土地をもらってください

更新:2020.7.23

第18回

笑う門には福来たる

更新:2021.3.23

第19回

前を向いて歩こう

更新:2021.5.23

第20回

ロウフウフってなに?

更新:2021.7.23

第21回

新型コロナワクチン接種は?

更新:2021.9.23

第22回

新型コロナウイルスの影響は?

更新:2021.11.23

第23回

どんなオリパラになるの?

更新:2022.1.23

第24回

デフリンピックとは?

更新:2022.3.23