日本人と英語

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 日本人と英語

更新:2021.1.23

第18回---日本人と英語

イギリスの冬は暗くて寒くて長い。クリスマスショッピングに全校生徒がバスに乗り、2時間ほどのバーミンガムのモールに出かけた。外は真っ暗で家々やお店のイルミネーションが美しかった。

ボディショップがシャンプーを量り売りしていて、大きなジャーにいい匂いの甘い色合いのローションが並んでいた。初めてありったけの小遣いでコスメを買い込んで有頂天だった。

寮生活では地下の売店でクリスプスを買うか、2時間しか営業しないチッピーで買い食いするくらいだった。素敵なバッグに入った3本のボトルから高級な匂いがして、帰りのバスでずっと包みに顔を埋めて嗅いだ。

明日からシャワーの時間が楽になると思うと心が軽くなった。寮のシャワーはバスルームにあるので、トイレがずらっと並ぶ反対側の壁面に沿って、天井の温水パイプにシャワー口が設置されており、じょろじょろ上から降る水の下に立って流れっぱなしで洗う。

カーテンも仕切りもないので靴や着替えはびしょ濡れで、日本から持ち込んだ石鹸はとうに溶けてなくなっていた。バスルームは寮の外にあり、入寮して1週間後には裸足にバスタオル1枚で極寒の朝にぺたぺたと歩いていき、シャンプーで全身を洗うようになった。

朝は混雑するので水量が少なく、時には温水が追いつかないこともあるが、夜は誰もいないので広いバスルームは寒すぎて勇気が出ない。バスタブはないのでお湯にはつかれない。ケンブリッジで父と弟達が住んでいた大学の借家に2週間泊まったが、そこにはヨーロッパらしいバスタブ、バスルームの床は絨緞敷でオイルヒーターがあった。

バスジェルも数本あって贅沢だったが、なぜあれを1本くらいくすねてこなかったのかと後悔していた。だがこのボトルのボディーソープならもう大丈夫だ。バスが寮に到着し、皆と一緒に食堂に向かうと巨大なクリスマスツリーがデコレーションされて飾られていた。ツリーの足元にプレゼントが積まれており、みんなどんどん買い物した包みを置いていった。

クリスマス当日にそのどれか1つを誰かがもらうというルールだと言われ、私のボディーショップの包みもさっさと積み上げられ、25日には真っ先になくなっていた。
(つづく)

ECC鈴蘭台駅前教室 前島朋子先生

過去の「日本人と英語」情報

第1回

日本人と英語(1)

更新:2018.3.23

第2回

日本人と英語(2)

更新:2018.5.23

第3回

日本人と英語(3)

更新:2018.7.23

第4回

日本人と英語(4)

更新:2018.9.23

第5回

日本人と英語(5)

更新:2018.11.23

第6回

日本人と英語(6)

更新:2019.1.23

第7回

日本人と英語(7)

更新:2019.3.23

第8回

日本人と英語(8)

更新:2019.5.23

第9回

日本人と英語(9)

更新:2019.7.23

第10回

日本人と英語(10)

更新:2019.9.23

第11回

日本人と英語(11)

更新:2019.11.23

第12回

日本人と英語(12)

更新:2020.1.23

第13回

日本人と英語(13)

更新:2020.3.23

第14回

日本人と英語(14)

更新:2020.5.23

第15回

日本人と英語(15)

更新:2020.7.23

第16回

日本人と英語(16)

更新:2020.9.23

第17回

日本人と英語(17)

更新:2020.11.23

第18回

日本人と英語(18)

更新:2021.1.23