地元のお話

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 

Pochitto(ぽちっト)神戸 | 地元のお話「鵯越の出来事」

更新:2021.3.23

第24回---地元のお話「鵯越の出来事」

先のお話で、和田岬が有名な明石と語りましたので、その裏付け資料を提供します。

それは歌聖と呼ばれた、柿本人麿の歌が教えています。

天籬(あまざかる)
 鄙(ひな)の長道を
  漕来れば明石の門より
   家の辺り見ゆ

都を離れ、長い船旅をして来ると、明石の河口より家の辺りが見えて来た。

勿論、此処に登場する明石の門は、現在の明石ではなく、和田岬にある湊川の河口です。

人麿の家は奈良の巻向山の麓に在りましたため、この歌は、和田岬に来ると懐かしい家がある巻向山が見えたと、その感動を詠んだ歌です。

和田岬から奈良の都の東にある山が見えると言うと、誰もがまさか、と思うでしょうが、本当です。

地球は丸くなっているので、遠くに離れると、遠くの物は水平線の陰に隠れてしまいます。大気の澄んだ昔は、和田岬から大坂の方を眺めると、大坂の街などは水平線の陰に隠れ、大坂城も鯱がやっと見える程になります。

見えるのは生駒山と、少し離れた処に聳える二上山、それに連なる河内の連山です。勿論、香芝サービスエリアも水平線下になり、見えません。ただ、香芝の頭越しに人麿の家の辺りにある562mの巻向山とその南の連山などが見えます。

故郷を離れ、いよいよ旅立つ者たちにとって、家族と別れる考え深い情景です。但し、明石海峡大橋の西にある現在の明石からは全く見えませんし、奈良平安時代には、今の明石市には明石という地名はありませんでした。

人麿の歌で今一つ有名な歌があります。

ほのぼのと明石の浦の
 朝霧に島かくれゆく
  舟をしぞ思ふ

早春の高気圧に覆われた明石の大地に寒気が漂う早朝、朝日に暖められた須磨連峰の大気がゆっくりと下り、寒気の上に乗ると、美しい横長の霧が松林を飾ります。

この情景は稀にしか見えない明石の美しい景色です。この情景の中を去って行く舟、このように美しい土地は他には見られないのに、それでも去って行くのか、という想いを込めた歌で、この歌によって、人麿は歌聖と称えられました。

この歌碑が現在の明石にあるのは、明石城の五代目城主松平信之公が、兵庫城が湊川の氾濫で壊滅状態になった時、史跡の失われるのを惜しみ、現在の明石の地に移設したためです。

【筆者紹介】
梅村伸雄(うめむら・のぶお)
昭和7年生。昭和27年鳥羽商船高等学校卒業。現在兵庫歴史研究会顧問。郷土史研究に携わる。著書に「源義経一の谷合戦の謎」(小社刊)『兵庫歴研』年会誌に「神戸にあった『難波』」、を連載中。その他「須磨一の谷説に物申す」を著す。

過去の「地元のお話」情報

第1回

藍那古道を通った義経一行(1)

更新:2017.3.20

第2回

鵯越の名前の由来(1)

更新:2017.5.23

第3回

鵯越の名前の由来(2)

更新:2017.7.23

第4回

鵯越の出来ごと(1)

更新:2017.9.23

第5回

鵯越の出来ごと(2)

更新:2017.11.23

第6回

鵯越の出来ごと(3)

更新:2018.1.23

第7回

鵯越の出来ごと(4)

更新:2018.3.23

第8回

鵯越の出来ごと(5)

更新:2018.5.23

第9回

鵯越の出来ごと(6)

更新:2018.7.23

第10回

鵯越の出来ごと(7)

更新:2018.9.23

第11回

鵯越の出来ごと(8)

更新:2018.11.23

第12回

鵯越の出来ごと(9)

更新:2019.1.23

第13回

鵯越の出来ごと(10)

更新:2019.3.23

第14回

鵯越の出来ごと(11)

更新:2019.5.23

第15回

鵯越の出来ごと(12)

更新:2019.7.23

第16回

鵯越の出来ごと(12)

更新:2019.9.23

第17回

鵯越の出来ごと(13)

更新:2019.11.23

第18回

鵯越の出来ごと(14)

更新:2020.1.23

第19回

鵯越の出来ごと(15)

更新:2020.3.23

第20回

鵯越の出来ごと(16)

更新:2020.5.23

第21回

鵯越の出来ごと(17)

更新:2020.7.23

第22回

鵯越の出来ごと(18)

更新:2020.11.23

第23回

鵯越の出来ごと(19)

更新:2021.1.23

第24回

鵯越の出来ごと(20)

更新:2021.3.23